活動報告

アンサンブルコンテスト表彰式♪朝会にて


先日行われたアンサンブルコンテストの表彰式が、朝会にて行われました。

金管バンドの子供達が一列に並び、校長先生から表彰状を受け取ると、
体育館は先生方や児童達の大きな拍手で包まれました。




表彰式の後は、金賞を受賞した打楽器七重奏の子供達が、
代表して『子象の行進』の演奏を行いました。



いつもは大人数で演奏することが多い打楽器の子供達は、
学校での演奏はコンクールとはまた違った空気があるようで、
ちょっぴり緊張をしていた様子です。

CMでもおなじみのこの『子象の行進』は、
児童にもよく知られていたようで、低学年の子供達の中には、
「知ってる!知ってる!」と嬉しそうに話す子も沢山いました。

風邪をひいている子供達もいたようですが、
コケティッシュなリズムの音楽が、寒い体育館を一気に暖め、
素敵な週の始まりの朝会となりました。


byよっしー
2011年01月24日(月) No.22 (活動報告)

♪ 新入部員歓迎コンサート ♪


連日厳しい寒さが続く中、 
この日も、いつも通り朝練習を済ませた金管バンドの子供たち。

今日は、『朝会』の中で、新入部員歓迎コンサートと題して、
演奏を披露させていただきました。

いつものように凛とした姿勢で、それぞれが静かに持ち場へと着きました。
アンコン都大会代表を決めた子供たちが「ハレルヤ」を奏でる中、
6年生からバンドの紹介がありました。
    


−数秒の静けさの後−

見ていた子供たちの眠気を吹き飛ばすぐらいの、背筋がピンとなるような音が、
体育館に響き渡りました。




演奏曲は「スインギング・ロッシーニ」




バンドフェアで演奏してくれたこの曲。
あれからまだ一ヵ月も経っていないというのに、子供たちはさらにパワーアップしていました。
一週間のスタートにふさわしい、さわやかで心弾む素敵な演奏を聴かせてくれました。

〜3年生のみなさんへ〜
1/20(木)・21(金)の放課後は、体験練習をすることができます。
今まで見ていただけの楽器に、たくさん触れてみてください。
そして、音楽への新たな一歩を踏み出してみませんか!!

by hit-mee

2011年01月17日(月) No.21 (活動報告)

アンサンブルコンテスト☆金管編☆


午後の部には、双葉小から2組が出場しました。




*金管六重奏 〜 銀賞*
  曲「こきりこ」
   日本で一番古いと言われている富山県の民謡です。
   どこかで聴いたことのある懐かしいメロディ。
   この曲をしっかりとした音で、気持ちのいい演奏でした(*^_^*)







*金管八重奏 〜 金賞*
  曲「ハレルヤ」 
    「ハレルヤ」とは、「主をほめたたえよ。」という、神を賛美し、     喜びをあらわす語だそう。
    この曲をとても華やかに、豊かな音で演奏しました(^^♪



そして・・この金管八重奏チームが、都大会推薦をいただきました!
おめでとーー♪♪
2月6日(日)に行われる「東京都アンサンブルコンテスト」に出場しますっ。
双葉小初のアンコン都大会ですね。
打楽器チーム、金6チームの想いを乗せて、悔いのないベストな演奏をしてくださいね。
応援しています☆

byBanBan
2011年01月15日(土) No.17 (活動報告)

アンサンブルコンテスト♪打楽器重奏の部


第3回東京都小学校アンサンブルコンテストが
亀戸文化センターにて行われ、
千寿双葉小学校からは
打楽器七重奏・金管六重奏・金管八重奏の3チームが参加しました。

この冬一番の大寒波がやってきた朝に
第一部に参加する打楽器パートのみんなが集まりました。


<笑顔も見られ、リラックスした表情で
  楽器をトラックから運び出します。>

41名いる金管バンドの演奏とは違い、
今日はたった7人だけ…。
一人一人の楽器の音が際立つので
とても緊張感が感じられます。

曲は「小象の行進」です。
麦とホップのビールのCMでお馴染みの
軽快でノリの良い曲です。

打楽器パートの楽しい雰囲気やチームワークが
伝わってくるような素敵なアンサンブルでした。


<演奏直後の明るい笑顔です!>

結果は「GOLD、金賞」です!!!!
有明での、あの嬉しさを久しぶりに思い出しました。


<「みんな。おめでとう!!」(拍手!!)>

亀戸駅前で、午後の第二部に参加する金管チームに遭遇!
「GOLD取ったよ!みんなもがんばれ!」
祈るような気持ちで見送ったのでした。

by さやさや

2011年01月15日(土) No.16 (活動報告)

匠の技


寒中お見舞い申し上げます。
長かった冬休みも今日で終了。
とはいえ、金管バンドの練習は6日から始まってますよね(^O^)

さてさて、今回の報告は子供たちの活動ではなく、子供たちを支える「匠の技」の紹介ですよ。

まずは・・・
”萍迷翔れ

子供たちの練習に欠かせない「譜面台」
これって、折りたたみ式なんですが、なんとも扱いづらい・・。
今まで、しまう時は折りたたんで重ねていたそうですが、譜面台どうしがからみあってしまい、傷がつきやすく壊れやすかったんですねぇ・・・(@_@;)

そこで、Kちゃんパパさんが作ってくれたのが、こちら!!
  



お〜〜!
素晴らしい匠の技っ!

いつも、ただただ置かれていた譜面台ですが、この収納BOXにより綺麗に収納ができるようになりましたね〜(*^^)v
ありがとうございました!








◆崑臑生櫂バー&マレットカバー」

こちらは、衣装係のYさん、Iさんが作製してくれたもの。
ていねいなお仕事。
頭が下がります(*^_^*)
(マレットカバー分かりづらいですね・・スミマセン)







「チューバ・ユーホのラッパカバー」

なぜに、ラッパ部分にカバーが必要??と思われる方もいらっしゃるでしょうが、これは外で演奏する時用なんですよ。















年に数回、運動会や住区センターまつり等、外での演奏があります。
この時、どうしてもチューバ、ユーホはラッパ部分を下にして置くのですが、そうすると、地面で傷つけてしまうんですねぇ〜(-_-メ)
これがあれば、安心、安心。
こちらも、Yさん、Iさん作製のもの。
ありがとうございます!


子供たちが使っている楽器は、ほとんどが年代もの。
傷があったり、凹んでいたり・・。
どんなに古くても楽器はみんなの相棒です。
大切に扱い、心をこめて一音一音吹いてほしいな〜と思います。

そして、今週末はアンサンブルコンテストですね。
双葉小からは、打楽器七重奏、金管六重奏、金管八重奏の3組が出場します。

ベストな演奏ができるよう応援しています(*^_^*)

by BanBan



2011年01月10日(月) No.15 (活動報告)